ベピオゲルは殺菌作用やピーリング作用のあるニキビに効果的な薬のようです。

MENU

ベピオゲル

「ベピオゲル」とはマルホ株式会社から発売されているニキビ用の塗り薬です。

 

マルホ株式会社とは、皮膚科でよく配合される「ヒルドイドソフト」や「アンテベート」などで有名な会社です。

 

ベピオゲルの中には「過酸化ベンゾイル」という主成分が配合されています。
過酸化ベンゾイルは抗殺菌作用や抗菌作用があるもので、海外ではニキビ治療薬として良く使われている成分なのですが、日本では認可されていませんでした。

 

2015年4月に日本でも認可が下り、それを受けてマルホ株式会社が「過酸化ベンゾイル」を主成分とした「ベピオゲル」を販売しました。

 

ベピオゲルはドラッグストアや薬局などで購入できる市販薬ではありません。
皮膚科で処方してもらう薬です。
皮膚科のニキビ薬の中でも値段も高めに設定されています。

 

ベピオゲルの効果

殺菌作用

ベピオゲルの主成分である「過酸化ベンゾイル」は酸化剤の一種です。
過酸化ベンゾイルが酸化して分解すると「フリーラジカル」という成分が発生します。
この「フリーラジカル」がアクネ菌などのニキビの原因菌を殺菌します。
アクネ菌を殺菌することにより、肌の炎症やニキビの腫れを治す事ができます。
また、アクネ菌を減らすことにより、毛穴の詰まりを抑制し、ニキビの予防効果も期待できます。

 

ピーリング作用

ベピオゲルの主成分である「過酸化ベンゾイル」には角質をはがれやすくする「ピーリング作用」があります。
古い角質が除去されると毛穴が詰まりにくくなり、過酸化ベンゾイルが毛穴の中まで浸透しやすくなり、高い殺菌効果でニキビを予防する事が出来ます。

 

ベピオゲルの使い方

ベピオゲルは紫外線に当たるとシミが出来る恐れがあるため、1日1回夜に塗るのが効果的です。

 

衣服に付くとべピオゲルの漂白作用により色落ちする事があるので注意が必要です。

 

ニキビのある患部に薄く塗り広げましょう。
薬を塗った部分が赤く腫れるなどの副作用が出た場合は、使用を中止し医師に相談しましょう。

 

その他ニキビに効果的なものとしてメラノCCなどもあります。