皮膚科では外用薬や内服薬が処方され、面ぼう圧出は白ニキビの時に行うと効果的です。

MENU

皮膚科で治すニキビ 保険の適用する治療とは

ニキビは、化粧品や、ニキビの市販薬などで家庭で治すものというイメージがありますが
重症になったときにのみ、皮膚科で治すものというものではなく
軽い症状でも、保険の効く治療方法もあります。

 

では、どのような治療を皮膚科では行うのでしょうか。

 

 

皮膚科で治すニキビの治療方法 外用薬

ニキビの治療で主に使われるのが、外用薬による治療です。
外用薬では3種類の薬があります。

 

抗生物質 

ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する抗生物質の含まれたクリームや、ローションが処方されます。
アクアチムクリーム、ダラシンローションが良く処方されます。
ニキビの悪化している状況により処方されます。

 

レチノイド

ニキビのできる原因である、毛穴のつまりを取り除く治療薬が処方されます。
ディフェリンゲル、などが処方されます。

 

イオウ製剤

ニキビに直接塗り、毛穴に詰まった角質をはがします。
初期の炎症を起こしていない時には効果があります。

 

 

皮膚科で治すニキビの治療方法 内服薬

外用薬と共に、内服薬も同時に処方されます。

 

内服薬の主なものは

 

抗生物質

ニキビが重度の場合に、短期間のみ使用されます。
抗生物質は耐性ができるため、あまり繰り返し使用すると、効かなくなる可能性があります。
ルリッド、クラリス、ミノマイシンなどが処方されます。

 

ビタミン剤

ビタミン不足による肌あれ、ニキビまたは、皮膚や粘膜の改善の為にビタミン剤を処方されます。ビタミンB2,ビタミンB6、ビタミンC等が処方されます。

 

ホルモン剤

男性ホルモンが増えると、皮脂を過剰に分泌しニキビができやすくなります。
ホルモンのアンバランスからできる、特に女性の生理前にできるというニキビの治療に処方されます。マーベロン、アンジュと言った、低用量のピルが処方されます。
高血圧や、血栓症など、服用のでいない可能性もあるため
事前に医師にこの様な症状があるかどうかを相談の上処方がされます。

 

 

その他、保険のきく治療

皮膚科で一般的に良く行われる方法が、「面ぼう圧出」という方法で、保険の範囲内の治療方法です。

 

ニキビがまだ初期の、白ニキビの状態の時に行うと、悪化することを防ぐことができます。
皮膚を消毒したうえで、ニキビの先端にレーザーなどで穴をあけ、
面ぼう圧出器という器具を使い毛穴の中身を押して取り除きます。

 

自分で無理やりつぶしてしまうと、皮膚を傷つけたり、雑菌が炎症を起こすことが多いため皮膚科で行うようにします。

 

>>痛みを伴うにきびの鎮痛方法<<