ホルモンバランスが乱れるとニキビができてしまう?!

MENU

ニキビとホルモンの乱れについて

女性のニキビで、良くあるのが生理前になるとニキビができやすいという悩みです。

 

ニキビになる原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがあります。
改善方法はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

ホルモンとニキビの関係

女性の生理周期は、エストロゲンと、プロゲステロン(黄体ホルモン)によってコントロールされています。
この2つのホルモンは、生理周期に合わせて、分泌量が変化しています。

 

黄体ホルモンは、排卵後から、生理前に多く分泌されるホルモンです。
黄体ホルモンの働きは、子宮内膜を厚くして、妊娠しやすいように子宮を用意するように分泌されます。

 

一定期間が過ぎても、受精卵の着床がない場合には黄体ホルモンは分泌が減少して、子宮内膜がはがれ、生理が始まります。

 

この黄体ホルモンが分泌されている間は、皮脂の分泌がいつもより増え、毛穴に詰まることでニキビになる場合があります。

 

黄体ホルモンは、同時に肌の水分量が低下する作用があり、乾燥肌になりやすいため角質が厚くなりがちで、ますますニキビになりやすい状況となります。

 

生理前に出来るニキビは、エストロゲンが黄体ホルモンに変わり、多く分泌されるようになると肌の新陳代謝を高める働きから改善します。

 

 

ホルモンの乱れからできるニキビの対策

ホルモンの乱れの改善方法として

 

適度な運動

ウォーキングなどの適度な運動は、新陳代謝を促進しホルモンの乱れを改善します。
また、血行促進効果もあります。
激しい運動をいきなりするよりも、いつでも始められるウォーキングやヨガの様なもので、体調の不良を整えるようにします。

 

体を温める

特に冷え性の女性は、血行不良の傾向にあり、からだを意識して温めることで血行促進効果から、ホルモンの乱れを改善します。
特に夏の冷房などには注意します。
半身浴等をして、体を芯から温めたり、靴下をはく、腹巻の様なものも最近ではあまり目立たないものなどが販売されています。

 

ビタミンB群を摂る

ビタミンB6には女性のホルモンバランスを整える作用があります。
ビタミンB群は、代謝に関係し、新陳代謝を正常にし、ビタミンB2はニキビの予防効果もあります。食事に気を付けるとともに、ニキビに良いというサプリ等で、不足分を補うようにすると便利です。

 

イソフラボンを摂取する

大豆製品などに多く含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンのような働きをし、ホルモンバランスを整えます。
豆腐や、豆乳を生理前の、ニキビのできやすい時期に、意識して摂るようにしますが
取りすぎには注意し豆乳1本(200ml)程度を飲むようにします。