ニキビ改善には肌の持つ保湿力を高めるように、新陳代謝を促します

MENU

ニキビ改善に大切な保湿

ニキビの原因は皮脂というイメージがありますので
洗顔をして皮脂を洗い流すことが、ニキビを改善するものと思いがちです。

 

乾燥肌ならばニキビはできるはずはないと思いますが、
実は大人ニキビの原因はお肌の乾燥から来ています。

 

 

どうして乾燥肌なのにニキビができるのか?

大人ニキビができる人は脂性肌とは限らず、どちらかというと乾燥肌の場合が多く、
その原因は、肌の乾燥したことによる角質層の硬化にあります。

 

角質層が硬化すると、毛穴が詰まりやすくなり毛穴を詰まらせ、皮脂の排出を妨げニキビとなってしまいます。

 

皮脂は実は天然のバリア機能を持っており、乾燥肌は肌荒れになりやすく、菌の繁殖も起こしやすくなります。肌のターン―オーバーにも乱れが起こります。
ニキビができてしまった後、美肌に生まれ変わるためには、保湿を気を付けなければいけません。

 

 

健康な肌の保湿力とは

肌が乾燥肌の場合、肌の保湿に、クリームを塗ったりするということを思いつきますが
もともと備わっている保湿機能というものがあります。

 

ニキビのない、美肌を目指すならば保湿力のある肌を目指すことが良いということになります。

 

もともとある保湿成分とは

 

皮脂

毛穴の皮脂腺から表面に分泌される保湿成分です。
ニキビを作る原因でもありますが、汗と共に肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。
外からの細菌などの攻撃、刺激から、保護をする役割をしています。

 

天然保湿成分

角質細胞内にある保湿成分です。
アミノ酸や、ミネラルからなり空気中や、真皮からの水分を吸湿し肌に潤いを与えます。
ターンオーバーが正常に行われていると、アミノ酸、乳酸、尿素、無機塩、糖類などから一定量作られますが、加齢や睡眠不足、栄養不足などからターンオーバーが正常に行われないようになると天然保湿成分の量自体も減少し乾燥肌となります。
洗顔はニキビケアの基本ですが、洗浄力が強すぎたり、ごしごしこする等で、肌から失われてしまい保湿力が落ちてしまいます。

 

細胞間脂質

角質層にあり細胞と細胞の間に存在している脂質です。セラミドが代表的です。
細胞と細胞がはがれないようにむすびつけており、水分の蒸発をブロックします。
天然保湿成分と同様に、肌のターンオーバーが正常に行われていないとその量も減少し、角質層の水分の保持をする力が弱くなり、乾燥肌となってしまいます。
角質層は0.02ミリと非常に薄く、傷つけられると細胞間脂質が流れ落ちてしまいます。

 

 

保湿力向上をするためには

保湿力を向上するためには、まず正常なターンオーバーを行うことが大切です。
睡眠不足や、栄養不足に気を付け、生活習慣などにも注意します。

 

洗顔のし過ぎや、刺激の強いものを使わないようにし、ごしごしこするような洗い方をしないように気を付けます。

 

化粧水や、クリームを使用することは、保湿の助けになりますが、もともとある保湿力を補うという考え方で化粧品による刺激なども、気を付けます。

 

ニキビがひどい場合には皮膚科での治療を考えましょう。