背中ニキビが出来る理由とその改善方法

MENU

背中にニキビができやすい理由

背中のニキビは、何時も見えない所だけに、悪化してかゆくなって初めて気づくという人も多いニキビです。
背中のニキビはどうしてできてしまうのでしょうか。

 

背中ニキビの原因

背中は、皮脂腺が多くもともとニキビのできやすいところです。
また背中のニキビは、大人ニキビでよくみられるニキビです。

 

主な原因

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れからのホルモンのアンバランス
  • 食生活の乱れからの、ビタミン不足や、便秘
  • 睡眠不足
  • 使っている石鹸が肌にあっていない
  • ボディシャンプーなど液体の体を洗う石鹸成分を洗い流していない
  • シャンプー、リンスが背中についているのに洗い流していない
  • シャンプーの刺激が強すぎる

 

 

背中ニキビの入浴方法

背中ニキビは特にシャンプーなどの洗い落とし忘れなどが原因になることが多いので入浴時には特に気を付けます。
入浴の方法も、頭をまず洗い、体は最後に洗うと、シャンプーの洗い落とし忘れはなくなります。
半身浴は、お風呂の湯気で、毛穴を開かせ、皮脂のつまりなども洗い流しやすくします。
ボディソープのように、界面活性剤の入っている石鹸は、洗い流しにくいため純石鹸を使うようにしましょう。

 

 

背中ニキビの治療

背中のニキビも顔と同じようにニキビ用の化粧品を使用し、保湿に気を付けます。
背中ニキビは角質のピーリング治療を行いますが、自宅でもできる軽いビーリングもありますので入浴時に行います。
食事にも気を付けますが、特にビタミンB群、ビタミンCの不足には気を付けます。

 

背中のにきびは、衣類に接するため、炎症を起こしていたりする場合は、かゆみや痛みを感じて厄介です。
炎症がひどい場合などは、跡も残ることがあるので、専門医に相談されることをお勧めします。