食事が原因でニキビが出来ることがあります

MENU

食事が原因のニキビ

ニキビは、食生活の乱れからも出来てしまいます。
ではどのような食べものがニキビになりやすく、どのように食べればニキビにならないのでしょうか。

 

ニキビを作りやすい食事

ニキビにはピーナツが悪いとか、チョコレートはダメなどの事を言う人が多く、そのものだけを食べなければ大丈夫と思いチョコレートが悪者にされているようですが特定した食べ物が悪いというよりはそのバランスが原因でニキビはできてしまいます。

 

ニキビができるのは、皮脂の分泌が過剰になり、肌のターンオーバーがちゃんと行われないというのが原因です。

 

糖質の多いもの、甘い食べ物や炭水化物を大量に食べた場合にエネルギーとして使われなかったものは脂肪へと変わります。
また、動物性脂肪が多い食品、揚げ物などは、脂が多くこれも皮脂の原料となります。

 

脂肪の中には、必須脂肪酸など、健康維持のためには必要なものもあり、糖質もエネルギーとして必要ですが、乱れた食生活では過剰に摂りすぎている、偏っていることが問題となります。

 

偏った食事から、正常な新陳代謝が行われなくなると、肌のターンオーバーも悪くなり、毛穴が詰まりやすくなります。

 

刺激物も、少々の場合は、新陳代謝や血行も良くなりますが、これも度が過ぎると内臓に負担がかかり
健康を害する場合があります。

 

偏った食事ばかりをしていると、ニキビばかりか、便秘や、生活習慣病にもなってしまい注意が必要です。

 

 

ニキビが出来にくい美肌作りの食事

ニキビの出来にくい、美肌の食事のポイント

  • ビタミンA(肌のターンオーバー、皮膚や粘膜を保つ)
  • ビタミンB群(新陳代謝を促し、肌の状態を健康に保つ)
  • ビタミンC(抗酸化作用、免疫力強化、抗ストレス、コラーゲン生成促進)
  • ビタミンE(抗酸化作用、血行促進、)
  • カルシウムや、マグネシウム、カリウムなどミネラル

    (ターンオーバーの促進、ホルモンバランスを整える、抗ストレス)

  • コラーゲン(肌を再生するときの材料)
  • 食物繊維(便秘の解消、脂質の代謝の調節)
  • ポリフェノール(抗酸化作用)

この様な栄養成分の含まれるものを多く取り入れ、バランスの良い食事を、腹八分目にします。