夜更かしが原因でニキビが出来ることがあります

MENU

夜更かしが原因のニキビ

睡眠不足により、様々な体の不調は起こりますが、にきびもその一つです。
ではどうしてニキビができてしまうのでしょうか、またその改善にはどのようにすればよいでしょうか?

 

夜更かしでニキビができる仕組みとは

睡眠は、健康維持特や美肌つくりにとても重要です。
睡眠中に成長ホルモンが分泌され、脂肪をエネルギーとして使い、体の修復や肌の再生などを行っています。

 

夜の10時ごろから2時の間に、最も成長ホルモンは分泌されますがこの時間に夜更かしをしていると、肌の再生などが正しく行われず、新陳代謝も怠ります。

 

皮膚の新陳代謝が正常に行われていて、古い角質の排出が正常に行われていた場合には毛穴は詰まらずにニキビにはなりにくくなりますが、肌のターンオーバーが夜更かしにより乱れていますから、にきびになってしまいます。

 

 

良い睡眠をしてにきびの改善をする方法

夜更かしが原因で、ニキビができているのですから早く寝るというのが一番ですが、なかなか寝つけないから、ついつい夜更かしになる場合もあります。
良い睡眠をえるためにはどのようにすればよいでしょう?

 

メラトニンを増やして質の良い睡眠
メラトニンは睡眠を誘う睡眠ホルモンの一種で、アミノ酸のトリプトファンから作られます。
トリプトファンは乳製品や、大豆製品、赤身の魚などに含まれています。

 

トリプトファンから、セロトニンが作られそのセロトニンが、メラトニンとなります。
セロトニンは、幸せホルモンと呼ばれ、平常心を保ち、ストレスから守ってくれます。
セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びる規則正しい生活をし、良く噛んで物を食べたり運動不足に気を付け、人との交流を取ることで増やすことが出来ます。

 

メラトニンの分泌には、人口の光も関係があり、メラトニンの分泌を妨げます。
いつまでもパソコンの画面を見ていたりすることも寝付けなくなる理由の一つです。

 

セロトニンを増やし、メラトニンの分泌をうながします。

 

メラトニンは抗酸化作用、アンチエイジング、免疫力強化作用もあり、ニキビが出来にくくなります。

 

出来れば最も成長ホルモンの分泌をする、夜の10時に就寝し、質の良い睡眠をして、規則正しい生活をして睡眠や食事が原因のニキビを作らないようにしましょう。