メディカルクリームGはニキビやニキビ跡に効果があるのか?!まずは1ヶ月ほど使用し続けて見ることが大切です。

MENU

メディカルクリームG

「メディカルクリームG」とはメンタームから発売されている肌荒れ改善用のクリームです。
この「メディカルクリームG」は全身に使える万能クリームとして有名ですが、ニキビやニキビ跡にも効果が期待できるとも言われています。

 

なぜメディカルクリームGに、ニキビやニキビ跡の改善に効果があるのでしょうか?

 

トコフェノール酢酸エステル

メディカルクリームGには「トコフェノール酢酸エステル」が有効成分として含まれています。
トコフェノール酢酸エステルとはビタミンE誘導体のことで、肌に浸透することにより肌の新陳代謝を活性化させて血行不良を改善し、肌のターンオーバーを促す働きがあります。
そのためにニキビ改善以外にも、ニキビ跡も改善する作用があります。

 

グリチル酸ジカリウム

メディカルクリームGには「グリチル酸ジカリウム」が有効成分として配合されています。
グリチル酸ジカリウムとは、抗炎症作用の効果があり、肌荒れやニキビの赤みなどを沈静化する作用があります。
グリチル酸ジカリウムはニキビの改善効果のある化粧水や洗顔料に良く配合されている成分でもあります。

 

メディカルクリームGのニキビへの使用方法

1日2回、洗顔や化粧水などのスキンケアの後に使用しましょう。
クリームを手に取り、顔全体にくるくると円を書くようにマッサージしながら塗りこんでいきます。
独特のにおいがありますが、そのにおいが消えるまでマッサージしながら塗ります。
マッサージしながら塗ることによって有効成分を浸透させる事が可能になります。

 

洗顔後にメディカルクリームGをたっぷり塗りこんだ後に10分ほど放置してぬるま湯で洗い流すパックとして使用するのもおすすめです。

 

使用中にかゆみや湿疹や赤みなどのふくさようが出た場合は使用を中止しましょう。
1ヶ月ほど使用し続けると、徐々にニキビへの効果を実感する事が出来ます。

 

ニキビに効果のあるものはその他にティーツリー(アロマオイル)などもあります。